#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/03/31 丸亀R不動産!? と 久々の満洲関係と。

■来週からは2018年度。2017年度もお陰様で小店会計的には黒字となりました。が、元々高かった原価率の急騰にのけぞりました。一般的な本はやらないと決めてから覚悟していたことではありますが、しかしまさかここまで嵩んでくるとは……。 2017年度の数字を見、少しどうにかしないとまずい。このまま行ってはあぶな過ぎる。なんて思っていたというのに。いつまで経っても学習能力が限りなく「ぜろ」に等しい小店店主、そんな矢先に大量の落札。しかも何故にこんな値段 !? というのがちらほら。
桜の花びらの散る風情なら ちらほらも絵になるのですが、小店の方のちらほらはさっぱり絵にならず、同じなのは「あとは ぱあっと散るだけ。」というただ一点のみ。東京の桜は昨晩からさかんに花びらを散らしておりますが、こちらはせめてもう少し枝にしがみついているべく、今週の更新は「ちらほら」から選びました。動機不純な選択であります。

中国の方たちの購買力はまだまだ健在だということなのか、古書の市場では中国関係、とくに植民地時代関係の商材の落札価格は依然として高止まり。とくに地図や薄い冊子など紙モノに近い商材については市場での競争も苛烈。そうしたこともあって満洲関係は暫くご無沙汰していましたが、今週は久々の入荷です。
『流線形 特急あじあ』は1937(昭和12)年、南満州鉄道(株)が発行したパンフレット。B6サイズ20Pの小さなパンフレットですが、落札価格は立派な写真集なみでした。
肝心の内容ですが、これが徹底的に「あじあ号」の優秀性を説明したもので、これまでの鉄道では実現できなかったスピードとそれを可能にした技術、さらに、これまでにない快適性を実現した車内環境とそれを維持するための仕組みや機能等の解説に徹底的に特化しているのが、他の「あじあ号」関係の印刷物とは異なる面白いところではないかと思います。写真も掲載されていて停車しているあじあ号の停車中の外観を含む14点を数えます。

■グレーの表紙にあるこげ茶色のタイトルが見辛いかと思いますが、横に長いもうひとつの方は題して『観光都市 安東とその近郊』。康徳9年=1942年=昭和17年、満洲の安東市に置かれていた「安東商工公会」から発行されたものです。A5変形(横が長い)・46P。
上の『あじあ号』とは対照的に、こちらは情感豊かに安東の発展と魅力とを表現しようという意図がうかがえます。競馬や競犬(?)なんて章も。
なかでも力がこもっているのが工費数億円を投じたとされる「大東港建設譜」の章で、満洲にとって非常に重要な不凍港の完成に対する期待のほどがうかがえます。
この2冊は分売で、本日より店頭へ出す予定です。


■さて、こちらはとても面白い。面白いけれど一体どういった方が何のために買うのかさっぱり頭に浮かんでこない、大正から昭和初期にかけて丸亀およびその周辺のどなたかが所有或いは管理していた丸亀市中13の町の土地と家屋に関する緻密かつ詳細な台帳です。
丸亀が町から市へとなったのは明治32年=1899年。当台帳も明治末~大正初期につくられたものと見られます。2冊とも全て筆書き、彩色も手仕事で、間取り図の細かな書き入れには驚嘆しました。
『貸家土地台帳』は地所の住所、正確に計算された面積、家賃と税額などを、地型図面とともにまとめたもので、各町別の扉には、当該地所を地図上に落とし込んだ彩色図も添えられています。
『貸家台帳』はタイトル通りいわゆる上物に関する情報をまとめたもので、1軒毎に1頁を割き、
設えや付帯設備まで非常に細かく書き入れた間取り図と、土地面積、建坪、付帯施設名とその面積などデータとで構成されています。
厚さにして約2cm分の間取り図には、倉庫を擁し多くの部屋を備えた商家向けの物件や富裕層向けと思われる豪邸から、京都の町屋にも似て間口は狭く細長い上流~中流向けの家屋、3畳から6畳の一間、板座と板戸がついてるだけで風呂なし、厠なし、がしかし2階がある例も見られる狭小家屋(いまならワンルームマンション?)、さらに窓もなければ床板もない、云ってしまえばただの小屋といった体の物件まで、ヴァリエーション豊富。一部屋ながら床竹敷きの部屋があったり、2階はあってもそこに床がないなど、突っ込みどころもいっぱい。いまならさしずめ東京R不動産のサイトといった感じでしょうか。
全体を眺めていると、町によって家屋の標準的な面積が異なっていたり、厠というのは1軒毎に備えるのではなく、いわゆる共用部分をつくってそこにまとめて設置する例が多かったり、いまで云う家屋の原状には戸板や欄間などが含まれる一方、竈や台所、風呂などは原状に含まれていないなど、意外な発見もたくさんあります。壁と屋根に板戸1枚の掘っ立て小屋の借主に女性の名前があるのを見るれば何だか胸も詰まります。
およそ100年前の間取り図は(ごく一部の富裕層を別にして)、おそらくはあの敗戦の後の民主化によって、人々の生活が少なくともより良く豊かになったこと教えてくれているようにも思えてくるのでした。

本日より再び市場への出品作業のため、店内暫く取り散らかる格好となりますが、ご来店の際にはお探しのものなどお声をおかけいただければ幸いです。

18/03/24 浦野理一 私家版10部本ほか

■桜が三分咲きとなったかと思えば雪が降り、雪が止んだかと思えば前日より10度も気温が上昇、来週には半袖で過ごせる日もあるとの予報。誠にもって春初めの空は気まぐれです。
3月も残すところあと一週間ほど。花より眠気の小店店主ではありますが、懐具合を考えれば ウトウトどころか精一杯ジタバタしていなければいけない月末、ゲツマツであります。と、云うわけで新着品のご案内。在庫目録には手を入れず、連動する「日本の古本屋」への出品も控えているただいま現在、ここだけが命綱。で、文字通り綱渡りのはじまりであります。

この人について、どうもまだwikipediaが書かれていないというのに驚いた染織研究家にして染織作家であった浦野理一。「秋日和」など小津安二郎の映画で衣裳を担当、雑誌『ミセス』で連載をもつなど、その昔、半世紀ほど前のマダム憧れのキモノ作家と云えば必ず名前が挙がっていた人です。或いはヤフオクなどで名前を知った人もいらっしゃるかも。
で、この浦野さんですが、著作が結構多く、ご興味をお持ちのむきには検索サイト「日本の古本屋」で著者名検索していただければと思いますが、その浦野さんがらみの「(一応)本」としては、おそらく最も珍しく、かつまた最も楽しいのではないかと思われるのが『趣味の手織裂地抄』です。
昭和30年=1955年(小津「秋日和」公開の5年前)に私家版としてたった10部発行されたもので、奥付には、鎌倉の「浦野繊維染織研究所編輯」「発行所 浦野繊維工業株式会社」とあり、「発行人」として浦野理一の名前がクレジットされています。

当該品は浦野作と思われる縞の布張帙を外装とし、和紙1枚に1点~数点の手織裂の現物を貼り込んだリーフ(未綴)50葉と扉1葉の計51葉を収めたもの。説明が一切ないので、ここからは推測になりますが、手織裂に浦野理一が得意としたと云う「経節紬(節のある手紬の太糸を経糸に使用した織物)」が多数収められていること、何より奥付から見ても、浦野理一並びに浦野率いる工房の作品集と見られます。
帙の厚みとリーフ51葉を重ねた時の高さはぴったり合っている感はあるものの、問題がもう一つ、果たして50枚+扉の51葉で揃いと云えるかどうか、です。何しろ序文も目次もノンブルも何もない。どこかに残っているとして限定部数はたったの10部。一体どこにあるんだ? ………
……… やや。あるではありませんか。やっとひとつ。それらしいのが。海を渡ってはるばるオーストラリア国立図書館に。欧文表記で「National Library of Australia」(データのアドレスはこの項末尾のアドレス参照)。こちらは同名タイトルで私家版10部の内第5号。しめしめ、これは同じものに違いあるまい。しめしめ。
と、ところがです。
同名タイトルでありながらニチゲツドウのは25×21.7cm → オーストラリアのは34x25cm。おやおや? もしかして保護箱のサイズですか??
また、ニチゲツドウのは51枚 → オーストラリアのは42sheets。あれあれ??
ニチゲツドウのは浦野研究所か浦野工業の作品集。たぶん。 → オーストラリアのは「文化文政期に織られた紬のサンプル(18cmx15cm)41種が1枚ずつ和紙(33cmx23cm)に貼られ、帙に収められています」ですと!
……… と云うわけで。一体何が完本であるのかどころかは同じ本であるのかどうかさえ覚束なくなってきました。触らぬ神に祟りなし。ちょっと違う気もしますが深入りするのはええ。はい。ここまでといたしまして。現状での評価で販売いたしますのでノークレーム・ノーリターンでお願いいたします。なんてね。
いずれにしても珍しい。しゃれてる。良き仕事である。これだけは保証付きであります。
*参考 https://catalogue.nla.gov.au/Record/6486730

明治初期のものと思われる手芸関係の下絵・試作品等の一括から、『服紗縫入画』をひと綴りひっぱり出しました。
服紗=袱紗、帛紗とも表記される儀礼用・方形の絹布で、絹・縮緬 (ちりめん) などで一重または二重に作り、無地やめでたい柄・刺繍 (ししゅう) を施すのだそうで、その刺繍、つまり装飾部分の下絵にあたるものがこれ。表題は服紗、刺繍と限定しているかのようですが、一緒に出てきた半完成品(画像中右下の表紙の上に置いた色付き布製品)や紙製の試作品等と併せて見ると、服紗に限らず小物入れだとか筥迫だとかにも使っていたようですし、技法としても刺繍に限らず押絵や木目込み細工などにも応用されていたのではないかと思います。
持ち主は「河合節子」という方。一体どういった立場で仕事をしていたのか不明ですが、少なくともこのひと綴りはかなり出来が良かったものと見え、借り出し希望者も多かったのか、水茎の跡も鮮やかに「御覧の後速く御返しの程御願候」とあります。
同じ「河合節子」さんによる『縫入形』(明治20年11月綴り)や紙製試作品などとの一括販売。
こちらもノークレ ……… 我ながらくどい性格でして <(_ _)>。

今週の落札品の配達は来週木曜日の予定。1930~1960年代アメリカの映画専門誌が高さにして約60cm分、“けったい”なと評したくなる図版豊富な『国際画報』『日本木版東西画報』などグラフ誌が約20冊、『茶家酔古集』5冊揃 などがこの日に店に届きます。
画像3点目は『日本木版東西画報』から1冊。大正15(1926)年の表紙は何と! バルビエが描いたニジンスキーの作品集から「牧神の午後」の完全コピー。『鹿島茂コレクション2 バルビエ×ラブルール』掲載のバルビエのイラストレーションと比較すると飾り罫ばかりかバルビエの署名まで --- バルビエの作品がポショワールなのに対して『東西画報』の方は木版であるという1点を除けば --- 完全完璧な引き写しであるというご愛敬で、今週の打ち止めとさせていただきます。寝るぞぉ~




18/03/17 「記録写真」で見る戦後TOKYO風景

■3月10日(土)は13時まで店内が少々立て込みます。お買い物のお客様には13時以降のご来店をお願い申し上げます。

記録写真であります。そも、記録写真とは何か。各種サイトの引用が目立つ「ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説」によると、「ドキュメンタリー・フォトともいう。伝達媒体にかかわりなく,事実を客観的に描写し,内容的に資料的価値をそなえた写真。しかし記録写真はしばしば大衆に社会的現象の本質を啓蒙し宣伝する役割も負わされている」と定義されています。
ふむふむ、伝達媒体にかかわりないわけですね。加えて「社会的現象の本質を啓蒙し宣伝する役割」もあると。
これ、反対に云えば、主に権力や権威・資本の側にとって都合のよいように社会的現象を誘導しようと企てた伝達媒体上で「啓蒙し宣伝する役割」を負わされた写真もまた記録写真だと云えそうで。で、多くの場合、それで「やりすぎる」ことになるのでしょうが。いまも昔も。
そんなものばかり見てきた結果、記録写真というものに対しては - 先だって新入荷した『犯罪科学』のグラフ・モンタージュの未見の号などごく一部を除いて-何だかもうドキドキもワクワクもしなくなっちゃったなあ、何だかロクでもないなあとか、ついついそんなことを考えてします最近であります(これ、古本屋としてはまずい状態)。
では一体何なら反応するのか? …… と云えば、ひとつは純粋記録写真とでも呼びましょうか、ただもうひたすら、今この一瞬を印画紙上に定着させることだけを思って撮影された写真。
あともうひとつが、芸術を志向しながら表現の域に達することのできなかった 芸術写真滑落組。「表現」からこぼれ落ちた結果「記録」になってたとでもいうべき筋の写真です。
今週は現在在庫している写真類の中から、このそれぞれの筆頭格にあたる写真群のご紹介です。

■1点目はネガのベタ焼きと手札判の写真から成るスナップ写真群。1枚の手札判の写真の裏に、「僕の東京今昔」という書き付けがありました。終戦後15年。1960年前後の東京で、失われつつある街の風景を撮った写真のシリーズです。
しもた屋風の銀座の床屋、埋め立て前の数寄屋橋、お屋敷町を巡り歩く屋台の飴屋、一の橋あたりの銭湯入り口、夜の食料品店等。この他、本郷菊坂上から見下ろした風景、西片町あたりのしもた屋、根津権現界隈、三田・慶応大学正面、高輪のお屋敷街、銀座の火事や渋谷東横裏など。
小さなベタ焼き写真をルーペで覗いていると、ちょっとしたタイムスリップ気分が味わえます。
この系列と同じものに、高速道路がかかる前の「世界労働者会議関係者 日本視察記録写真帖」、「奉天学校関係者の写真アルバム」、「日本橋祭り 記録写真」「新日鉄 広畑製鉄所 社宅建設記録写真」、いまは簡単に出てこないところにあるはずの京都周辺部の村落調査の記録集など在庫しています。 

2点目はここのところ2度ほどひっそりご紹介していた 駒場高校写真部の生徒が撮影した写真1952年から翌年にかけて撮影された写真がアルバム3冊分。そのほぼすべてが都心の雑踏で営まれる人々の仕事とその表情です。当時の高校生の技術的なレベルなど全く分かりませんが、端的に「佳い写真」だと思ったのが仕入れの動機となりました。繁華街風景に溶け込む女性、こども、老人、GHQの駐在員。ものを売る人、駅で待つ人、歩道にうずくまる人、演説する人、etc.etc.
この系列と同じものに、青年写真家同盟の一員だったと思われる人が撮影した農村・漁村の人たちの写真群、など在庫があります。
また、ベトナム戦争当時、赤十字が広報用に撮影した写真ネガベタ焼きのひとかたまりには外部に出なかったカットも多く、記録性という点で意味のある一群だと思われます。

■「東京今昔」と「駒場高校学生の写真アルバム」についてはほとんど個人的趣味の領域にあるため、売るというより今後イ時々ンスタグラムにアップするなど、少しずつ公開していこうかと考えております。販売については応相談といった感じで。
また、このような写真をお持ちの方、捨てちゃう前に是非小店まで ! もちろん誠実買取いたします。何卒よろしくお願いいたします。

「改竄に関与したのは職員」とは、「法隆寺を建てたのは大工!」的な。
アメリカ大陸発見は見張りの船乗り?
☝FacebookのTLより
そして末筆ながら、これだけはちゃんと見ておかないとというサイトです。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/moritomo_kakikae/







 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...