#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

22/05/21 1960年代はじめ 日米の映画界・映像界をめぐる資料

■先ずは来週のスケジュールのお知らせです。5月24日(火)は洋書会大市のため休業させていただきます。来週店の営業は26日(木)と28日(土)のそれぞれ12時より19時までとなります。ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

今週月曜日は雑事に追われて更新できず。久々の更新となりました。
映画の都・ハリウッドを代表する映画館「シネラマ・ドーム」=「シネラマ・シアター」の開場と、映画「おかしなおかしなおかしな世界」のワールドプレミアとを兼ねたオープニング記念イヴェントの記録写真。
1963年に開催されたこのイヴェントに、日本から招かれた映画評論家・荻昌弘かその関係者の旧蔵品とみられます。
「シネラマ」とは、1952年アメリカ発祥のワイド・スクリーン映画のひとつで、映写機3台を利用する方式。当初は技術的な問題から難点が目立ったようですが1963年までには70mmフィルムの登場などにより改善がみられたといいます。
入荷した写真は全て6切サイズで、①ドーム型が特徴的な「シネラマ・シアター」のオープニングー・イヴェント当日の外観写真2点、②テープカット2点、③オープニングパーティ11点(監督挨拶、俳優・女優など含む)、④荻昌弘によるインタビューのスチール4点、⑤「おかしなおかしなおかしな世界」の撮影現場スチール写真7点
この内の⑤には、荻昌弘の自筆と思われる映画短評1枚が付いている他、専用のレターヘッドを使った映画のプレスリリース2枚日本のユナイト社から荻に宛てたメッセージ1枚、封筒2点がついています。
シネラマ専用上映館として開業した「シネラマ・シアター」=「シネラマ・ドーム」はシネラマ方式が定着しなかったものの、映画の都・ハリウッドの聖地のひとつに数えられた名映画館になりました。コロナのあおりで2021年にはいったんは閉場が伝えられたものの、今年になって一転、営業再開の見通しとのニュースが伝わっています。
経済至上主義の一方で、こういう時にはどこからかリカヴァーする力が働くアメリカという国を、いつも不思議に、そして少し羨ましく思います。
 

■「シネラマ・シアター」開場の翌年・1964年の日本では、映像とその周辺で表現を模索する人たちが離合集散の歴史を重ねていたようで、その過程で生まれた冊子が今週の新着品の2つ目。
「1950年代後半から1960年代の初頭にかけて、当時のドキュメンタリー、教育映画の業界に小さくない影響力を持」っていた(Wikipedia)日本記録映画作家協会が分裂、このうちの松本俊夫をはじめとする改革派がつくったのが「映像芸術の会」(神戸映画資料館 筒井武文監督ロング・インタビューより)。
画像中右端の『映像芸術の会 研究資料 第1号』は1964年7月の発行で、黒木和雄、土本典昭などの監督した作品のシナリオと、松本俊夫と滝沢林三の批評を掲載。『松本俊夫著作集成1』所収の「人間性の回復-『去年マリエンバートで』を見て」は当誌が初出。
『記録と映像』を会報とする「記録と映像の会」は「映像芸術の会」のもとで、上映活動を企画する委員会として設けられたもので、今回入荷した『記録と映像 』の1号から3号まで(1964年5月~7月発行)巻頭には松本俊夫と野田真吉による「連載<対談>戦後ドキュメンタリー変遷史」が掲載されています。
『記録と映像』では、この他、池田龍雄、真鍋博、久里洋二というあたりが参加しているのも面白いところ。
1964年のこうした動きとその前後については、すでに下記の該博な研究があり、ご興味をお持ちの方は是非ご参照下さい。
阪本裕文「前衛記録映画論の戦後的意味-1970 年までの松本俊夫の諸活動をもとに」

今週はこの他、児童画がまとまって到着、明治中期以降大正頃までの古写真1箱が入荷。来週にはスクラップ帖だけをまとめた棚をつくりたいなつくれるかなつくれるといいな。といった具合でご来店をお待ちいたしております。


 

 

22/05/13 新着品のご案内は月曜日に! お知らせをいくつか。

■すでに入梅か? と思われる雲行きですが、明日土曜日は営業いたします。また、来週は火・木・土曜日のそれぞれ12時より19時と通常営業いたします。
当ページでの新着品のご案内は来週月曜日とさせていただきます。いま暫くお待ち下さい。何卒よろしくお願い申し上げます。

店内入り口のディスプレイを変えました。
重なり合う葉を描いた中皿で、葉脈にあたる白の部分のやわらかいふくらみが、たっぷりとした量感と複雑な表情を与え、実際の大きさよりもひとまわり大きく感じさせます。
高台が低く、全体に肉厚で持ち重りがするなど、明治以前・江戸時代のやきものの特徴を残していると教えられました。大胆な図案、型押しといわれる技法ともに珍しいものだと思います。
鮮やかな緑の布とあわせて、せめて店内ではまだしばらく新緑の季節を楽しみたいと思います。

■FRAGILE BOOKSでは前回の更新からすでに何度か新しい商品をご紹介しております。
伝説的な芸術祭の図録「ALEA ENCUENTROS 1972 PAMPLONA」←タイトルをクリック!
田中千代が集めたモダンな古裂「古代裂木綿縞類纂
その他にカードの姿をした現代美術作品集「カルト・パント」なども。
お買い物については「こちら」のページで全点ご紹介!
是非ご覧下さい。


 

 

22/04/23 珍しく紋様・図案以外の木版と熊がリアルな版木などが入荷します。

■先ずはお知らせをいくつか。
その1. 来週からのGWについて。来週、通常営業(=火・木・土曜日の12時より19時)の後、5月1日(日)から9日(月)まで連休いたします。
この間にご連絡が必要な場合はFacebookやInstagramのDMでお願いいたします。
その2.FRAGILE BOOKSで小店が担当する「今週の1冊」が更新されました。今週は「水貼りシール」の巻! お楽しみいただけますように!
その3.目黒通りのアンティークショップ・ジェオグラフィカさんのGW&周年イヴェント「18th Anniversary GEOGRAPHICA ANTIQUE MARKET」が22日(金)にスタートしました! 5月8日(日)まで、会期中無休。
紙モノでは、アルスクモノイ、KITAZAWA DISPLAY BOOKS、CHARKHA、ハチマクラの各店も参加! どんな紙モノが掘り出せるか、是非会場でお楽しみ下さい!
https://ec.geographica.jp/news/IF000342

GWに入るともう今年も半年近くが経ったのかと思い、息つく間もなく6月には小店本拠地である東京南部支部の大市がやってきて、さらにひと月後には「明治古典会七夕古書入札会」が控え、終わればあっという間に夏休み、そして秋へ、と、思う間もなく年の瀬だな。とすでにそんなことを思います。いやはや1年の短いことといったら!
ならば新着品も一足早く夏の気分を味わっていただくべく、朝顔の図版などをご覧いただこうかと思います。
明治から大正にかけて出版された朝顔専門雑誌より、木版図案45葉が入荷いたします。
綴じがはずれていたり裏表紙がなかったり、雑誌としての体裁を取り戻すのは難しい状態だった朝顔専門誌(明治の『穠久会雑誌』『奇蕣会雑誌』、大正の『新潟朝顔会雑誌』)から、多色木版刷の図版をとりました。
明治時代には「士族の商法」として有名な兎の養殖の他、万年青など、いま思うとなかなか不思議な味わいあるもの(?)がブームとなりましたが、朝顔もそうしたひとつ。ただし、江戸時代に盛隆した朝顔趣味は明治に入り一旦はすたれたそうで復活したのは、明治後期。「趣味」ということでは兎ブームとは違い、なおかつ万年青よりはずっと判りやすくはあります。 

但し、朝顔と云っても戦後の小学生が夏休みの絵日記に描いたような例の朝顔とはだいぶ趣を異にしており、花も葉も一般的なイメージからすると朝顔とは思えないようなものばかり。品種改良によって得られる美を競った結果です。
雑誌に収められた木版多色刷の図版は、品評会で90点前後から90点以上つけられた優品揃い。当時、鑑賞価値が高いとされた「獅子系」の変種が多いのは、今回入荷した図版からもみてとることができます。
木版図には画工の名前と落款まで刷り込まれているものが多く、明治の木版プレートとしても楽しめる趣向。というわけで、バラ売りの予定です。
日本の花鳥刷り物や西洋の博物画など、植物関係の美しいプレートは高額品というのが通り相場。ですが、目のつけどころによっては、まだまだ気軽に楽しめる図版がどこかに眠っていたとしても不思議はないような気がします。

■何やら粉砂糖をふりかけたお菓子のような3点。左端は薬袋の題箋、他の2点は商標で、いずれも印刷用の版木です。
商標の2点は木口木版(木の年輪の側を彫った版木)、薬袋の題箋は銅板凸版を木に留め付けてあります。高さが3点とも共通なのは、活版印刷の機械で刷ることができるように、活字の高さに合わせているはず。
さて、一体何の版木かと細かく見れば…
左は "蛔虫駆除新剤 内服薬 大人小児蛔虫下し「セメン円」"。
真ん中は "宮市 防品 金子油"。
右は "大分県日田町豆田 円川薬舘「天龍丸」"。
セメン円は顕微鏡を覗いた時に目にするような円形のなかに、それらしき虫の姿が描かれているのがミソ。
金子油は一体どんなものやら分からないまま、しかし大壺に梅の花を生けた図案を朱色で刷っていたらしく洒落ていて、天龍丸に至っては、周囲の七宝柄からクマの毛のリアルな感じまで見事な仕事ぶりです。
町から印刷屋が消えてこの手のものは消え、印鑑屋さんが消えて木口木版を手掛ける人がいなくなり、この手のものを目にしてにする機会はこれから先、どこに残るのだろうと思いはじめて十数年、いまだ蒐集する個人にも機関にも出会えずに居る日月堂です。まあ小店が扱うものといったら、比較的新しいものなので仕方ないのかも知れませんが。にしても ……… ああっ! 大切なことを忘れてしまうところでした。
白い粉は合法とされている片栗粉でございます。
 

 

recent catalogue C by image