#205 6-1-6 Minamiaoyama Minatoku TOKYO
info@nichigetu-do.com
TEL&FAX:03-3400-0327
sitemap mail

new arrival

18/01/27 安部公房の「紙片(かみくず)のこと」のこと と マティスとカルリュの紙モノ(?)のこと

■先週金曜日は更新を予告なしにさぼってしまい失礼しました。風邪をひいたわけでもインフルエンザで倒れていたわけでもなく、大雪の日に転倒することもなく、お陰様で「〇△は風邪をひかない。」を地でいっております。ご心配下さった方には心よりお詫び申し上げる次第です。
そうこうするうちにもう1月も最終週。もたもたしてるとまたあっという間に12月がやって来てしまいそうです。さあ急げ !

下ごしらえと下調べを要するブツを後回しにし、かつまた、今週落札したもののなかでとりあえず珍しいものをひとつと云ったらこちらになるかと思います。戦後続々と立ち上がった芸術系の運動体のなかで、若き表現者・批評家の集まりとして注目された「世紀の会」の研究資料として7冊の発行が確認されている小冊子『世紀群』の内の1冊、『世紀群2. 紙片(かみくず)』です。
「世紀の会」創設時からのメンバー・鈴木秀太郎による小説で、やはり創設時からのメンバーである大野齊治による装丁。本文ページ内に貼り込まれている2点の多色刷木版画もまた、どうやら大野によるもののようです。

安部公房の「魔法のチョーク」や「事業」、関根弘の第一詩集「沙漠の木」などが並ぶ『世紀群』のなかで、『紙片』は地味な存在ではありますが、わら半紙に孔版刷、背もないような体裁の『世紀群』としては珍しいことに、あまりにコンディションが良いのに驚いて手にしました。してみると、中に何やら小さなペラが挟まっています。『紙片』についてはこれまでにも数度、市場で目にしたことがあるように思うのですが、挟み込みの存在に気付いたのはこれが初めてです。
そもそも『世紀群』がB6サイズほどとごく小さなサイズなのに、この挟み込みはさらにその半分という小ささ。刷色が薄くて読みにくいその表紙をよく見れば、「『紙片のこと』 安部公房」とありました。
『紙片のこと』はB5両面孔版刷の上、四つ折りにしたもので、痛んでいるのが当たり前のこの体裁とこの紙質としては、望むべくもない完璧な状態。『世紀群』にはどれも奥付がないのに対し、『紙片のこと』の文末には「(1950・10・28)」という記載があるのもミソ。『紙片』の発行も同時期と見られます。表紙と裏表紙に刷られた奇妙なカットもいい味を出しておりまして、表紙のカット下方に汚れのようなものが見えるのは、汚れではなく茶色でわざわざ彩色している部分。芸がこまかい。
「世紀の会」とその関連事項については、早稲田大学・鳥羽耕史教授の研究や山口勝弘のアーカイブ、桂川寛のインタビューなどがネット上で公開されており、かなり多くのことが分かります。
小店が初めて『世紀群』を扱ったのはまだ大岡山に店があった当時の五反田展の目録でのこと。瀬木慎一の翻訳とあともう一冊、いずれも芸術論だったように思うのですが、わら半紙に孔版刷、奥付もないこの冊子については調べるすべもなく、「夜の会」も「世紀の会」も知らないまま、それでも1冊4000~5000円と勘だけを頼りに精いっぱいの値段を付けたことを覚えています。注文を下さったのは当時から美術古書店としては随一と云われた書店のご店主。後にお葉書を下さって、自店の目録に載せたら“その筋”のお客様に売れたこと、それだけ「商品として確かなものでした」と書かれていたことを思い出しました。自分の見る目に自信を持ちなさいという励ましのメッセージだったのだと思います。それもはや18年ほど前のことになりましょうか。20年も経たないうちにかたや店主はすれっからしとなり果て、かたや情報のありかや調べ方や売り方や買い方やあらゆる場面で、古書をとりまく世界もまた大きく変わったものであります。

■傷み本とは云えマティスだし。王道美術書VERVEだし。しかもムルロー工房のリトグラフだし。買えっこないと思っていたのが、何故か落ちてきた『VERVE Nos 35-36 DERNIERES OEUVRES DE MATISSE 1950-1954』。1958年発行。
自宅に持ち帰ってみてよく見れば、綴じ糸を切った部分あり、さらに糸を抜いたところまであり、部分的に簡単に手を入れたくらいでは本としての体裁に戻すのが困難ではないかと…。
もう1冊、『VERVE No.13 De la Couleur H.M.』とマティスは2冊一緒に入荷。こちらはこちらでカヴァーに難があり。
ただいま現在までのところ、悩みの種がまた増えたような気がしております。

今週はこの他、3点目の画像にある額装済みのポスター2点 (うち1点はご存知ジャン・カルリュ!フランスのビールメーカーSPATENBRAU社の!)、お馴染みの『考現学』と『考現学採集』大正期の会計関係の台帳明治期の建築関係の和本などが来週木曜日には店に入ります。
神坂雪佳の木版刷プレート(『海路』より)と、こちもまた木版刷の大正末~昭和初期・帝劇 来日アーティストによる来日公演プログラムなどはできれば来週の更新でご紹介するべく鋭意調査中。しばしお待ちを。








18/01/15 キモノの染めの型紙に 無限にひろがる意匠を見る

■1日半遅れてしまったHPの更新。今週は染物の型紙の台帳(サンプル帖)3点が久しぶりに入荷しました。
1冊目は藍染の布を使った装丁で、表紙に『小松記』と記されたもの。小店が比較的新しいものしか扱っていないせいか(江戸末~明治が中心)、この手の台帳で布装のものは珍しいように思います。扉に木版多色刷の戯画を1葉綴じ込むなど、大切にされていたのか、染め物でも上級品の型紙を集めたものだったのか、ちょっとした特別感が漂います。
見返しには「小川記」、それとは手跡の異なる「大阪 雍祐」「皇都染物町」の墨書きの他に「細工所 京蛸薬師室町西入 中文」という朱印があり、型紙メーカーが型紙の販売用のカタログといった体のものだった可能性がありそう。また、わざわざ「皇都~」と書かれていることか、幕末~明治初期に流通していたものと見てよいのではないかと思われます。
全体に、比較的図案意匠が大きく、明るく派手目のデザインが多いのが特徴。
本体は18×23.5cm、厚さ3.8cmの和本仕立てに6×4.8cmの紙サンプルの切り貼りで「壱番」から「四百弐拾弐」まで(1点欠のため441点)を収めたもの。表紙はさておき本文全頁状態良く、それだけに1点の欠けが惜しまれます。また、行ったり来たり頁を繰ってもじいっーと考えても、何故『小松記』とされているのかは謎のまま。いやもしかしたら『小松記』ではないのでは? 等々、こちらは偏に店主の力不足に所以いたします。


■『小松記』(?)と比べると細工の細かさと意匠の渋さが際立つ『当世新形』。こちらは後見返しに旧蔵者に関する情報が墨書きされているのですが、3行の内、判読できたのは「染もの悉皆」「二條」の僅かに7文字ですが、おそらくは京都の悉皆やがもっていたものと見られます。
悉皆屋とは、「みなことごとく」を意味するその名の通り、キモノの面倒ならなんでも相談に応じる職業。いまでは洗い張りをする人のことを意味するケースが多いようですが、丸洗い、洗い張り、染み抜き、染め替え、仕立てなおし等々、キモノから派生するニーズに対してなら何でもこい、という方たち。染め替えなどを想定すると、この地味さ・渋さにも意味があるように思えます。
こちらも紙製のサンプルは6×4.8cmで、「壱番」から「以(二)百九拾九」まで、こちらは欠けなしの299点貼り込み。時代は1冊目と同じ頃のものと思われます。
型紙のデザインなのでデザインは反復を前提としているはずですが、果たしてこの図案は一体どのような法則をもつのか想像のつかない図案もあり、そのあたりも見どころ。細工が細かすぎてこの程度の大きさの画像では、点が潰れてしまってほとんど見えないくなってしまっております。悪しからず…。
ご興味ある方には詳細現物をご覧いただくとして、細かな点と細く短い線とで展開される意匠無限。あまりの多彩さにじいっと見ているとクラクラしてくるのでありました。 

■これまた表紙のタイトルが読めない (…「三号 四号 志かく」?) 3冊目。こちらはぐっと時代は新しそうで、全頁多色刷の図案はどこかヨーロッパのテキスタイル・デザインを思わせるものが多く、云ってしまえば「かわいい系」。
天の側、喉のあたりから弧を描いて広がる水シミが実に残念な1冊。スキャンしていいとこどりするのがお勧め。なんてことを古本屋は申しませんので、ご利用はお買い上げになったお客様のご随意に。
 
■例年なら今ごろ泡食ってる「銀座 古書の市」。一回パスした小店、今回は平穏至極。なのに。目録見ると気になるものが一杯で剣呑ではあります。第34回となる17日からの古書の市、詳細は松屋銀座のウェブサイトで是非ご確認下さい。
http://www.matsuya.com/m_ginza/event/details/20180117_kosho_8es.html
 
 

18/01/13 新着品のご紹介は 1月15日(月)に!

■ただいま1月13日午前1時30分。新着品のご案内はいま現在、画像の撮影にも着手できておらず、当ページの更新は週明け1月15日(月)とさせていただきます。
画像は 昨年最後の市場で買い付けた洋モノ図案プレート集と一緒に入荷しながら、図案が甘くてご紹介しないままでいた1910年代ドイツの図案プレート集より。これはダメかとばかり思っていたのですが、中にはこんな図版もあり、ちょっと見直しました。カワイイ系の図案と価格の安さから、これが一番先に片付くような気がします。
■それでは来週の更新まで。しばしお待ち下さいませ !
 









 

 

recent catalogue C by image

1435751335394.jpg

仏)明治39~44年フランス駐在日本人旧蔵 ...

1435408268634.jpg

NIPPON 13号...

1435225059408.jpg

空間の寸法体系、GMモデュールの構成と適用...

1285065720661.jpg

英) COMMERCIAL ART 1929 12冊号合本1冊...

1283159833885.jpg

石井舞踊詩研究所(石井獏主宰) 久米正雄宛...

1283159813298.jpg

寒水多久茂 第2回舞踊発表会 久米正雄宛 封...

1283159797468.jpg

石井美笑子舞踊発表会 久米正雄宛 挨拶状...

1283159653089.jpg

花柳美保 第一回創作舞踊発表会 番組 およ...

1281430587768.jpg

文壇余白 献呈署名入...

1270541920809.jpg

露西亜映画史略...

1269258859382.jpg

独) JOEPH BEUYS 7000 EICHEN ヨーゼフ・...

1268239922707.jpg

英) T.E. Lawrence. Book Designer, his fr...

1268062744850.jpg

仏) RUSSIE D'AUJOURD 'HUI JUILLET 1938...

1268060083774.jpg

仏) LE DOCUMENT Juin 1935 NUMERO SPECI...

1248339262542.jpg

マドレーヌ・ヴィオネ...